【公式】パチンコ・フィーバーアストロンⅢ【もう一度打ちたい!】1992年

【公式】パチンコ・フィーバーアストロンⅢ【もう一度打ちたい!】1992年

【公式】パチンコ・フィーバーアストロンⅢ【もう一度打ちたい!】1992年

フィーバーシリーズで、初めて表示にVFD(蛍光表示管)を採用した機種である。
この技術により、非常に鮮明でカラフルな表示が打ち手の注目を集めた。
大当りは0~9およびC、F、P、L、Jいずれかが3つ揃う15通で、リーチになると右デジタルが高速回転を行ってスリルがある。
また、大当り中は星が瞬く中シャトルが飛んだり、土星の輪がグルグルと回っているかのような演出が行われ、非常ににぎやかである。

(著)神保美佳

▼SANKYOヒストリーでSANKYOの歴代機種を見る!▼

▼SANKYO公式Twitterで最新情報をゲット!▼

▼SANKYO公式LINEで最新情報をゲット!▼

パチンコ・パチスロメーカーのSANKYOがお届けする公式YouTubeチャンネル『SANKYO FEVERTV』では、最新機種のスペシャルムービーや、SANKYOのパチンコ・パチスロの紹介ムービーなど楽しい動画を公開中!
■チャンネル登録お願いします!

#SANKYO
#パチンコ
#名機

SANKYOカテゴリの最新記事